· 

【大学生恋愛あるある】「ハイスペック」より「ややハイスペック」がモテる


「ハイスペックがモテる時代が終わった!」と言っても過言ではないくらい今はハイスペックの価値が落ちてきている。

 

 

 

モテたい大学生はどうすればよいかという疑問を持っていた時、大学生でモテるならハイスペックではなくややハイスペックの方がモテるらしい。ということをきいた。

 

これは彼氏彼女を捕まえやすくなる人種の1つなのかもしれない。

 

恋愛シリーズをまとめたページはコチラ!

恋愛シリーズカテゴリー

ややハイスペックって何?


 

ややハイスペックとは、何でも出来ることは出来るが出来ないことも存在する系統の人間である。ハイスペックが何でも出来る9割~10割ならば、ややハイスペックは7割ほど出来て、後の3割は出来ない、苦手があるというものである。

 

 

 

ハイスペックが完璧でややハイスペックがなんとか完成ぐらいのイメージだろう。

 

これはある意味ハイスペックからややハイスペックの下位互換である。

なぜハイスペックが落ちている?


落ちているわけではない。ただやはり妬まれるのが一番大きい理由である。異性からモテたとしても同性から妬まれ有る事無い事の噂をされたり、「私には勿体ない」などと意味のわからないことを言われたりする場合がある。

 

 


高校や大学などは特に多い。煙のない所に噂は立たないが、今はけむりがなくてもSNSなどを通して噂が立たせることが可能な世の中である。

 


この話題とは少し関係ないが、「私には勿体ない。」などと言ってる人は結婚が出来ない独身アラサーの道に迷い進んでいく。

ややハイスペックがモテる理由


完璧に何でもこなさないことで、

 

 

異性からは「この人大抵は何でも出来るんだ。凄い」
同性からは「アイツにも出来ないことがあるのか」

と同情を買うことが可能なため、何でもアンチが取り付くこの日本の社会を生き抜きやすいのである。

 

 

しかも完璧じゃない。少し欠けているという点で現実味をおび、付き合えるかもという異性から可能性を感じられることで好かれやすいのである。

まとめ


 

ややハイスペックは日本では有効なモテる人種である。

 

 

これは、日本の社会の風潮がそうなっているからが一番の要因である。

 

 

しかし、海外ではハイスペックの方が断然需要がある。出来る人間は重宝されるしモテる。これは海外と日本の世の中の価値観の違いなんだろう。

恋愛シリーズをまとめたページはコチラ!

恋愛シリーズカテゴリー

関連記事


大学生の恋愛事情を赤裸々に取材してみた編

女心がわからない男や彼氏に女心をつかむ方法まとめてみた