· 

【重さに苦労した大学生が語る】大学生に必要なパソコンの特徴とは。PC紹介記事もあるよ!

大学生となり、「パソコンを買わないと」とあせる大学生が多いと思います。

 

そして、焦ったあげく、生協から販売されている高いパソコンや、電気屋の店員に言いくるめられて、自分の意志とそぐわないパソコンを購入してしまいがちです。

 

そうならないためにも、賢く大学生活のためのパソコンを購入してみませんか?

この記事では、大学生がパソコンを買うときに気を付けるべき特徴を抑えて、安く購入するための方法を紹介する記事です。

安いの欲しいけど、パソコン選びが面倒だな…がと思う大学生のために!

【重さに苦労した経験した大学生が語る】大学生に必要なおすすめパソコンを安くで5つ紹介!

ここで、「軽い、小さい、ハイスペック、安い」のパソコンを紹介しています!

大学生が買うならこの5つは重要!

スペック

変なオプションはいらない

オフィスは後で入れればいい

大きさA4ぐらい 重さは軽いやつ

スペックについて


スペックが高ければ高い程良いと言うわけではありません。

それぞれの目的によって、スペックを選ばなければ、その性能を引き出せきれずに終わってしまいます。

〇CPU

CPUというパソコンの頭の良さを決める部品についてです。

インテルのiシリーズを選べば問題はないでしょう。

i3.i5.i7あたりを選ぶと良いです。

頭の良さは

i3<i5<i7

となっています。

よく、スペックを見ると、1.6Gzなどの表記などがありますが、パソコン系統を学ぶ学部以外は、気にしなくても大丈夫です。

 

むしろ、その後ろについている 数字を気にした方がいいです。

数字について

CPUの後ろについているあの数字は実は細かい意味を表しています。

しかし、別に豆知識程度に覚えていればよい項目でもあるので、ざっくりと解説します。

 

例えばこの

Core i5 8250U

と書いてあるとします。

i5は良いというイメージは、さっき説明したのであると思います。

 

その後ろの8250です。これは、世代を表しています。

 

同じi5でも優劣があるということです。

i5の

1000<2000<3000<4000…

 

と数字が上がっていくと性能ももちろんあがるわけです。

 

[コアな例えであれば、SONYのゲーム機でPSPありましたよね?あれのシリーズとして、PSP1000<PSP2000<PSP3000とありましたよね。あの考えと同じです。]

 

今のCPUで1番上は第9世代(後ろの数字が9000)まであります。

ただ、お値段も高く、ノートパソコンに装着しているものはあまり存在しません。(2019年3月現在)

 

なので、リーズナブルで高性能なCPU世代パソコンを探すのであれば、7世代や8世代のパソコンを購入することをおすすめします。

〇RAM

基本的には、8GBの容量でいいと思います。4GBですと、料金的には安くなりますが、動画編集、絵を書く、音楽作成などの高処理のソフトを使う場合は、少しカクついてしまう恐れもあるので、その用途で使用する大学生はRAMは8GBにしましょう。

 

〇HDDとSSDとは

HDDはハードディスクドライブで、SSDは

です。

これは、データを保存をするための部品です。

この2つの違いは簡単に言うと、読み込むスピードがSSDの方が速いってことです。

読み込むスピード

HDD<SSD

 

この違いは、起動した時のスピードや各ファイルを開いたりする時などのスピードがSSDの方が速いのです。

 

速い分、当然値段も高いです。

 

サクサクとPCを動かしたい人はSSDがいいと思います。

容量は、128GBですと少ないと思いますので、256GBのSSDをおすすめします。

※128GBでも多いと感じるかもしれませんが、OS(パソコンを構成するソフト自体の容量も入るので15GBほど) 容量がとられると考えておいたほうがいいです。

後、大学の資料などのデータを貯め続けるとすぐに気づいたらなくなっています。(経験談)

 

なので、多めの容量をおすすめします。

 

 

スペックに関してのアドバイスはこれくらいになります。

 

 

安いの欲しいけど、パソコン選びが面倒だな…がと思う大学生のために!

【重さに苦労した経験した大学生が語る】大学生に必要なおすすめパソコンを安くで5つ紹介!

ここで、「軽い、小さい、ハイスペック、安い」のパソコンを紹介しています!

変なオプションはいらない


日本製のパソコンを買うと、どうしても、その中に Officeだけでなく要らないソフトがたくさん入っているのです。

 

その分、値段も無駄に高いのです。しかも、生協に関してはそんなパソコンを扱っているのです。

いつか、そのソフト使いますよ。日本製だから長持ちするんだ。などと理由を聞きます。しかし、その理由は売るための売り文句でしかありません。

 

海外のパソコンでも長持ちするパソコンはあります。

 

だから、店員や生協の人たちのことをあまり過信し過ぎるのはやめましょう。

 

 

安いの欲しいけど、パソコン選びが面倒だな…がと思う大学生のために!

【重さに苦労した経験した大学生が語る】大学生に必要なおすすめパソコンを安くで5つ紹介!

ここで、「軽い、小さい、ハイスペック、安い」のパソコンを紹介しています!

Officeは最悪あとで買えば良い


ネットでパソコンを観るとよく、Officeが入っていないパソコンが売られていることがあります。

 

Officeがない分パソコンは安いのですね。

そのOfficeがついていないからって諦めるのは勿体ないですよ。

 

大学から大学生の期間に配布されるOfficeなどもあります。

大学生だけの間でしか使わないのであれば、それを使えば良いです。

 

また、永続のライセンスを取得(ずっとOfficeのソフトを使いたい)人は、ソフトなどは、安くでいくらでも売っています。

 

そちらの購入の方をおすすめします。

 

Officeを入れる方法が分からなければ、Officeを入れる方法が載っているサイトもあります。

 

面倒だからと妥協しないようにしましょう。

安いの欲しいけど、パソコン選びが面倒だな…がと思う大学生のために!

【重さに苦労した経験した大学生が語る】大学生に必要なおすすめパソコンを安くで5つ紹介!

ここで、「軽い、小さい、ハイスペック、安い」のパソコンを紹介しています!

知識があるからこそ見落とす落とし穴


パソコンのスペックやOfficeの導入方法などを知っている人間がよく失敗する落とし穴が存在します。

パソコンのことを調べて知識が身につくからこそ見落とす落とし穴です。

それが、重さと大きさを気にしていないということです。

ここは本当に重要なポイントです。

 

書いているライター本人が実際経験したことです。そんな、大学にパソコンを持ち込むことがないだろうと思っており、スペックだけを見て大きさや重さを気にせず、パソコンを買いました。確かに起動も早く、問題なかったのですが……

 

持っていくとなると重すぎたのです。

今では、持っていくのに面倒過ぎて、別のパソコンを使っています。

 

そんな失敗をして欲しくないので、警告しています。

 

皆さんは、そんな失敗はしないでくださいね!

 

安いの欲しいけど、パソコン選びが面倒だな…がと思う大学生のために!

【重さに苦労した経験した大学生が語る】大学生に必要なおすすめパソコンを安くで5つ紹介!

ここで、「軽い、小さい、ハイスペック、安い」のパソコンを紹介しています!