· 

女心がわからない男や彼氏に女心をつかむ方法まとめてみた

 

みなさんは、女心はわかっていますか?「女心?めんどくせえ」と思っているそこの男子。その一言が全世界の女を敵に回しています。今すぐ土下座して詫びる方が良いかもしれません。

冗談はさておいて、今回は女子から聞いてきた女心はこうなの!というのを紹介していきたいと思います。

もくじ

 

1.話の時にオチを求めるな

 

2.化粧品に文句を言うな

 

3.すっぴんの方が可愛いは禁句!

 

4.初対面でボディタッチはアウト

 

5.生理の時ぐらい優しくしろ

 

恋愛シリーズをまとめたページはコチラ!

恋愛シリーズカテゴリー

1.話の時にオチを求めるな


女心をわかってない人は、話の内容がつまらないなどと感じたらすぐにオチなどを求めようとします。

それは、大変NGです。せっかく女の子が話たい話題、共有したい話題を持ってきたのに、つまらなさそうに聞いて、オチを求めることはしてはいけません。

 

女心をわかっている男子になりたいのであれば、話を最後まで聞いてあげ、共感してあげましょう。

2.化粧品に文句を言うな


化粧品は女性が可愛くなるための道具です。そんな化粧品に対して文句をつけるのは、NGです。

特に、おんなじものを「何個買ってるの?」や「そんないる?」と素朴に思うこともあるかもしれませんが、その発言は控えてください。

 

お気に入りの化粧品であれば、買い置きとして買うこともありますし、細かい所まで化粧をするとなれば種類も多くなります。

 

何度も言います。化粧品は可愛くなるための道具です。そんな神秘的なものに1ミリも否定的な意見を入れてはいけません。

 

女心がわかってる男性になりたいのであれば、化粧を否定せず、肯定的になりましょう。また、素朴な疑問があったとしても、肯定的な疑問だけにしてください。

 

そして、プラスα調べて知識を身につけて共感出来るようになれば喜んでくれますよ。

3.すっぴんの方が可愛いは禁句!


「え?ダメなの?」と思う方多いと思います。が、ダメです。禁句です。それは、発言の一部が大変女性を傷つけるワードが入っています。

「すっぴんの方が可愛い。」

 

「すっぴんの方が」

 

「方が」

これです。この「方が」がダメなのです。「こんな細かい所?」この細かい所でモテるモテない、女心わかる、わからないの線引きに大きく関わるのです。

 

「すっぴんも可愛い。」

これが正解です。

 

褒めようと言ったつもりでも、些細な言葉1つ違うだけで女性を傷つける言葉に変わります。

 

女心をわかっている男性になりたいのであれば、褒める時もテキトーに褒めるのではなく、しっかり褒めるようにしましょう。

4.初対面でボディタッチはアウト


初対面で、相手をドキッとさせようとしてボディタッチをしようとするのは、NGです。男性は、女性からボディタッチされると好きでも嫌いでもなんとなく嬉しいものです。だからといって、女性も同じかといわれると全く違います。女性は、好きでもない人にボディタッチをされると凄い嫌悪感を覚えます。

 

再度言います。好きでもない人にボディタッチされるとめちゃめちゃキモいと思うのです。

 

なので、相手のことをドキッとさせようとしてボディタッチは逆効果であることを理解しておいてください。

 

※女性は、男性をドキッとさせたい時はボディタッチをすると良いです。ただ、やりすぎると「軽い女だ。」とレッテルを貼られるので、注意が必要です。

5. 生理の時ぐらい優しくしろ


女性は、月に一回生理が来ます。そのしんどさは個々にもよりますが、軽い人なら眠い、とにかく眠いなどぐらいですが、重い人は、お腹を押さえてうずくまるほどです。そんな時に、優しく出来ない男性は、女心をわかっていません。

 

わかっている男性であれば「荷物持つよ?」「無理しちゃダメだよ。」と常に気を使います。

 

わかっている男性は「私は女の子の日(生理)になったことがないからわからないです。だから、しんどさもわからないし、理解も出来ません。でも、しんどさがわからなくても、配慮ぐらいは出来ます。男性なら女性のためにそれぐらいの優しさがなければいけないでしょう。」

と言っていました。

 

もし、今まで配慮に欠けていたと思うのであれば気遣いする努力をしましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、女心の基本中の基本と言われる部分です。

これで「無理、お腹いっぱい」と感じる人がいれば、それはまだまだ女性のことを大切に出来てない証拠です。

 

他にも色んなサイトを閲覧して、女心というものを理解しましょう。

 

それでは!

 

恋愛シリーズをまとめたページはコチラ!

恋愛シリーズカテゴリー